ベルベットビーンのアンチエイジン効果と特徴 

ベルベットビーンとは、日本では「八升豆」と呼ばれていて、ベルベットビーン自体はアメリカで呼ばれている言葉です。

アンチエイジングの効果が期待されているベルベットビーンは、古代インドから伝わっていて、別名「若返りの豆」とも呼ばれているそう。

その特徴として、ドーパミンの素になる「L‐ドーパ」を他の食品より多く含んでいるという点があります。

体内のドーパミン値を増やすことで、ドーバミン不足が原因となるボケを防いだり、難病指定されたパーキンソン病にも効果があるとされています。

パーキンソン病は老化が進むにつれて発症する確率が上がるもので、ドーパミンが不足してくることで、筋肉量が減って、運動機能にも障害をもたらす可能性があります。

また、ドーバミンが不足するということはセロトニンも不足するため、うつ病にも効果があるされています。ベルベットビーンを食べ続け、うつ病が治った症例もあります。

体内全体を暖める効果もあるので、血行をよくし、体を温めて体内機能を向上させる働きもあるそうです。また、血行を良くし、細胞の活動も活発になるので若さを持続させることにもつながります。
エネルギー消費、代謝も促進されるのでダイエット効果もありそう。ベルベットビーンは健康面からも美容面絡みても、アンチエイジング効果があり、魅力的な食品と言えますね。

美肌を保つためには保湿も重要です。保湿成分を植物由来エキスを中心に抽出している化粧品を使用することで肌本来のパワーを取り戻し、潤いたっぷりのみずみずしい健康的な肌にするスキンケアを心がけましょう。
うるしず(潤静)の口コミや効果を知りたいならこちらから